カイラクホンノウ

酒、自転車、キャンプ、カヤックを楽しんでます。

夕方サイクリング

回復走よりは少しだけペースをあげて走った。

 

脚の痛みは殆どなくなったが多少の違和感はあるので、ゆっくり走ろうとしたがクリート位置を変更したお陰か?もの凄く踏みやすいので自然とペースがあがった。

 

どのように踏みやすくなったかと言うと、ケイデンスも上がるし今までより力強く踏める。

 

それか脚と身体の疲れが抜けただけかな?

休息日

仕事で疲れたしカミさんを送りに行くので乗らないと決めた。

 

クリート位置を一番深くした。(スペシャシューズ、スピードプレイ)

続、回復走

脚の痛みは相変わらず。

攣った所が未だ痛い。

 

思う事があって昨夜にクリート位置を数mm前に出した。夏油の時と同じ位置なはず。

 

今日も軽く外へ走りに行く。

走りだして直ぐにクリート位置がしっくりこない。

散々この使用でトレーニングしてきたのに不思議。

浅めより深めが今は良いのか?な。

回復走

日曜日の山上りのダメージが大きく月曜日は休息日。

まだ脚が痛いけど軽く外へ乗りにいく。

 

軽めのギアでゆっくり走る。

これだけゆっくり走るのは久々で新鮮。

美山、岩谷堂インターバル

週末はまた天気が崩れそうだ。

大雨にならなければいいが。

 

早めに帰宅できたので少し長く走れそうなので、何処を走るか悩む。

乗った感じ、あまり調子は良く感じない。いつもの美山へ向かいタイムアタックはせず黒田助に抜ける予定が

 

7:53 269w 86rpm 156/170bpm 48.7/51.3%

 

あまり調子良く感じないが意外と踏めるのですね。

全力走だが途中に手を抜いてしまった。

ほんの数秒間だろうけど、ここが自分の意志が弱い証拠だな。

 

このコースは下りになるところが二カ所あって、ここでどうしてもパワーが落ちてしまう。上り区間では今日だと後半は300w以上で踏んでるけど平均のw数が思ってたより低かった。サボったから仕方ない。。。

 

そのまま裏に抜けて岩谷堂方面へ。

いつもの短い上りで

 

1:27 307w 91rpm 153/161bpm 48.9/51.1%

 

今年初?かな実走で1分以上で300wを超えたのは。

ダンシングはゼロ、平均勾配4.6%で52×27か24だったかな?気持ち良く回せた。

美山2本

帰りが遅くなったけど短時間でも乗りたかったので美山へ

 

8:13 252w 93rpm 147/162bpm 47.8/52.2%

 

軽いギアで回す!

メーターでケイデンスを表示させてない画面だったので実際に何回転で走っていたかは分からず。ごりごり踏むよりはパワーを持続しやすいが気を抜くと一気に失速する。

 

下ってもう1本

 

8:24 247w 77rpm 152/165bpm  49.0/51.0%

 

勾配が緩くなる以外は全部ダンシングでいった。ところが、何かがおかしいと感じた。よくよく考えたらハンドルが高くなったせいだと気づく。

 

こうしてみるとダンシングでは速く走れないようだ。w数も低いが走ってて自転車が加速してくれない。乗り方が悪いのだろうな。

流し楽々ポジション

昨日、クリートを数ミリ深くし、シートポストをThomson Mastepiceのセットバックゼロに変更して初めての実走。

 

サドルの座り心地が全然違うことに戸惑いを感じた。

今までは点で固定されてたのが面で固定された違いか?

 

ハンドルも上がりサドル先端〜ハンドル上部センターで515mm。

数ヶ月前まで540mm前後で乗ってたのにね。

 

走りながらウィンドウに写る姿はフルームみたく、かなり上体が起きてる。

 

でも、走ってて楽にスピードに乗れるから今のベストかな。