カイラクホンノウ

酒、自転車、キャンプ、カヤックを楽しんでます。

美山2本

帰りが遅くなったけど短時間でも乗りたかったので美山へ

 

8:13 252w 93rpm 147/162bpm 47.8/52.2%

 

軽いギアで回す!

メーターでケイデンスを表示させてない画面だったので実際に何回転で走っていたかは分からず。ごりごり踏むよりはパワーを持続しやすいが気を抜くと一気に失速する。

 

下ってもう1本

 

8:24 247w 77rpm 152/165bpm  49.0/51.0%

 

勾配が緩くなる以外は全部ダンシングでいった。ところが、何かがおかしいと感じた。よくよく考えたらハンドルが高くなったせいだと気づく。

 

こうしてみるとダンシングでは速く走れないようだ。w数も低いが走ってて自転車が加速してくれない。乗り方が悪いのだろうな。

流し楽々ポジション

昨日、クリートを数ミリ深くし、シートポストをThomson Mastepiceのセットバックゼロに変更して初めての実走。

 

サドルの座り心地が全然違うことに戸惑いを感じた。

今までは点で固定されてたのが面で固定された違いか?

 

ハンドルも上がりサドル先端〜ハンドル上部センターで515mm。

数ヶ月前まで540mm前後で乗ってたのにね。

 

走りながらウィンドウに写る姿はフルームみたく、かなり上体が起きてる。

 

でも、走ってて楽にスピードに乗れるから今のベストかな。

ローラー二部連

昨日から大雨。

ここ数年でこれだけまとまった雨は珍しい。

 

お昼前にローラーへ

 

20:00 211w 77rpm 146/161bpm 48.4/51.6%

 

大量の汗が滴り落ちも何とかクリア。

扇風機一台では限界があるな。

ケイデンスが低いせいもあるが楽に走れた。

ケイデンスが低いのには理由がある。

 

今までより踏み込むタイミングを速くしてるからケイデンスが高いとまだ身体が付いていけない。これくらいのケイデンスなら何とかこなせる感じ。

 

走る前にステム高を夏油ヒル時と同じMAXまであげた。

 

EVOヘッド長120mm-ヘッドカバー5mm-スペーサー28mm。

 

これでサドルTOP〜ハンドル上部で落差60mm。

自分は身長より腕を横に広げた数値が5cm位短いので落差が少ない方が乗りやすいのかもしれない。

だけどステムは120mmを使ってる。110mmにすると下ハン持ったときに窮屈に感じてしまう。

過去データを見て一番パワーを長く出せてるのがこのポジションだったからもう少し続けてみよう単純に思った。

 

家から一歩も外に出ず、夕方から再びローラーへ。

 

1:03:46 166w 86rpm 128/150bpm 48.9/51.1%

 

ZwiftしながらL3レベルで走りながら時々で上げ下げしトータルでL3レベルに収まったって感じ。久々にローラー1時間やったけど回しっぱなしなので数字の割には凄く疲れた。

 

 

夜ローラー

休息日にするか迷ったがそれほど疲れてないのでSSTで20分くらいでも回そうと。

 

10:00 210w 87rpm 142/148bpm 48.3/51.7%

 

暑くて10分しか耐えられず。去年の同じ時期は1時間以上も乗ってたなんて信じられません。

 

 

連日の美山練

今週は頑張って乗ってるけど脚の疲労感が少なく、前なら起きた瞬間から脚が重く怠かったけど今は不思議とそれがない。

でも、朝とか昼寝すると起きれないので疲れが貯まってる。

 

帰宅後、何処を走るか迷ったけが自然と美山に向かってた。

乗ってて昨日より踏めそうにないのにいつもの所でサイコンのラップボタンを押してしまう。

 

8:35 245w 81rpm 144/162bpm 48.5/51.5%

 

Zアリーナまでは様子をみながら走るも全然掛からないので止めたくなった。流しでもいいやと軽い気持ちで考え美山入口からダンシングしてみたら気持ち良く加速してる。チラッとメーターみたら400wを超えてたのでテンションあがり踏むも脚がどうにも動きません。

 

そのまま裏側に下って適当に走ろうと思ったが何故かUターンして裏側から

 

3:00 254w 78rpm 148/161bpm 48.5/51.5%

 

とても長く感じた3分、もう拷問でしかありません。

表側を下り最後の力を振り絞って

 

8:48 238w 80rpm 151/161bpm 48.2/51.8%

 

完全に失速、最後まで続けるのに意味があるのか?と思えるほど全てが良くなかったが、強いて言うなら粘って8分台で走れる今があるということかな。

夕練美山3本

サンボルトさんから販売されてるビブレーシングパンツ(筧五郎氏監修モデル)を購入し届いた。

サイズはSを選択。身長173cmで体重58kgだと少し太もも辺りがキツくピッタリしてる。Mだと少し緩くなるのかな?もう少し履いてみないとわからない。

 

今日も美山リピート。

色々と考えながら走る。

 

8:21 252w 88rpm 146/165bpm 49.0/51.0%

 

フロントインナーでZアリーナまでアップがてら230w前後で走り、美山入口からは300前後、ダンシングは殆どしてない。

 

8:42 232w 77rpm 147/160bpm 48.3/51.7%

 

タイムは気にせず回せる範囲で重いギアで走る。心拍の上がりも緩やか。サドル先端に座ったり後退したりしながら、どの位置で踏むと回しやすいかを模索。

 

8:21 246w 83rpm 153/163bpm 48.8/51.2%

 

フロントアウターで走ったらwは低いがスピードの乗りはいい感じがした。

 

最近、タイムアタック中はメーターを殆どみてない。それは意識ではなく自然とそうなってしまった。多分、メーターを見てる余裕が無いのかもしれない。

 

今日は最初から掛からないからタイムは期待してなかったけど、三本共に平均して走れたのが良かった。

 

夕練美山2.5本

帰りが遅くなったけど速攻着替えて外へ。

 

いつもの美山で暗くなるまでリピート練

 

8:31 249w 77rpm 148/162bpm 48.7/51.3%

 

アウターで重めに感じるギアで走る。

向かい風が少し強かったけど疲労感が少しあり。

 

8:16 251w 83rpm 154/164bpm 48.4/51.6%

 

一本目より回すことを意識する。

Zアリーナまでは回転でパワーを稼ぎ、美山入口から美山まではダンシングを多様し200wを下回らないようにするも勾配が一瞬緩くなるところで何度か200wを下回り失速気味になった。デュラの11-30tはワイドレシオなのでシフトチェンジした際のギャップが大きい。

 

と、今日はそう感じた。

良いときは良いので何とも判断できません。

まだまだ勉強課程なので何事も経験ですね。

 

最後、羽田〜Zアリーナで

 

3:24 256w 86rpm 147/158bpm 48.1/51.9%

 

いける所まで全力で行こうとしたが風が思いのほか強くなってきて後半失速した。